「夏休み(学生の場合には、一ヵ月くらいありますよね)を制するものは受験を制する」とはよく言ったもので、本当にこの夏休み(学生の夏休みは、その地方によっても、日程や期間が畭なります)のすごし方が受験の結果を大きく左右すると表現しても過言ではないのです。夏休み(職種によっては、お盆にはとれないこともあるでしょう)と言った誘惑に負けて、ここでつい遊んでしまうような方であれば、他の受験生に大きく差を付けられてしまう事は目に見えていると思います。休み明けに大きく成績が伸びるか、それとも、大きく成績が落ち込むかの違いが、ハッキリと分かれるのが夏休み(学生の場合には、一ヵ月くらいありますよね)の過ごし方だといえるはずです。同じ公立高校を受験するライバル達に差をつけられないためにも、夏休み(学生の場合には、一ヵ月くらいありますよね)の間に弱点をきちんと克服しておくといいでしょう。高校の受験は、通常5科目で行われる学校が多いみたいですので、もし一つの教科に弱点があると合計の点数に大きく響いてしまうこともあるかもしれません。その為には、とりあえずはこの段階で弱点を克服しておくことが受験においては大切なことなのです。不得意な教科や自分自身の欠点といった、弱点を克服する事を夏休みの目標にしてスケジュールを組んでみましょう。当り前ですが、不得意な分野ばかりを勉強していたら、モチベーション(ずっと維持するのは難しいものなので、途切れてしまった時にどうするかがポイントになるでしょう)も上がらないになるのです。適度に得意分野の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)も織り交ぜていく工夫も必要だと言われていますし、気分転換をどのタイミングで行うのかも大切なということになります。それに、弱点を無くそうと、あれもこれもと欲張ってしまっては、夏休み(職種によっては、お盆にはとれないこともあるでしょう)だけでは時間が足りずに結局いずれも中途半端な結果になってしまう可能性があると思います。その点だけは、くれぐれも注意するようにしますねー